ご挨拶(理事長メッセージ)

IT革命時代を支える優秀な人材の育成


 情報通信社会は、その黎明期から今日まで、猛烈なスピードで進化・変革を続けています。 事実、現在ではインターネットが全世界で普及し経済がグローバル化するとともに、スマートフォンを初めとする情報携帯端末の急速な進化・普及が進展しています。そして、企業においては、インターネットビジネスがますます大きなウェイトを占めるようになっています。

 まさに、今日はIT革命の時代、変革の時代であり、このような激動の時代を支える優秀な人材をいかに多く育成するかが、今日的な大きな課題となっています。

 電子開発学園は、こうした時代をはるかに遡る昭和43年、北海道を皮切りに、これまで全国に10校の情報専門学校と北海道情報大学を開学し、常に時代の要請と社会のニーズに柔軟に対応した人材育成に取り組んできました。

 この間コンピュータを活用した個別学習システム「PINE-CAI」、地上高速専用回線を利用した遠隔教育システム「PINE-NET II」、及びインターネットを利用した e-learningシステム「無限大キャンパス」、平成28年度からは最先端のICTに対応した総合学習システム「PINE-Cloud」などを次々と開発・導入。最先端のコース編成・カリキュラムを導入し、時代が求める多くのIT技術者を社会に送り出してきました。

 電子開発学園は、これからも社会に求められる新しい学問領域の創造と新たな時代を拓く有為な人材の育成を通じて、高度情報化社会の発展に貢献してまいります。


IT革命時代を支える優秀な人材の育成


~Profile~
昭和19年生まれ。昭和44年慶應義塾大学経済学部卒業。アーサー・アンダーセンアンドカンパニー会計事務所を経て平成5年株式会社SCC代表取締役社長就任。
昭和63年12月学校法人電子開発学園理事就任。以後、北海道情報大学の創設、通信教育部の開設、大学院の設置等本学園の発展に寄与、平成10年9月学校法人電子開発学園理事長に就任、現在に至る。